So-net無料ブログ作成

ダブルスタンダード、その2

私的な話で申し訳ないが、ぼちぼちフランス語を学び始めて半年になる。
その授業で教わったのは、ヨーロッパの言語はラテン語から派生したものが大半で、特に英語はラテン語の子音の発音を残し、フランス語は母音を残す傾向にあったという。

例えばラテン語で学校を意味する「schola」は、英語では「School」となり、フランス語では「école」になった。同じ親から生まれた兄弟、と言っていい。
言語的には近いはずだし、王室間で、王女を嫁がせることもあったし、英国にはノルマン王朝というフランス系の支配者がいた時代もあった。

 しかし今でも感覚的に、フランスと英国の間の距離感はけっこうある。
フランスは文化の面で、常に英国より一歩先をリードしようとしていた。
考えてみれば、チューダー王朝の先祖は、開祖ヘンリー7世の代まで、「英国王室」の血を引いていない。
ヘンリー7世の父は、フランス王女カトリーヌ(キャサリン)・ド・ヴァロアが、ヘンリー5世に嫁いできて王子ヘンリー六世を生んで未亡人となり、その後内縁の夫との間に生んだ子供の1人だった。
その子エドマンドが、エドワード3世の血を引く12才の少女マーガレットと結婚して、翌年生まれたのがヘンリー7世だった。時に、エドマンド24才。

系図を見ると、ヘンリー7世の家系は、ずっと家臣だったことがわかる( http://www.kingdom-rose.net/keizu-yra2.html

そんなわけで、貴族の間にも何となく漠然と、自分達よりフランス王室の方が進んでいると感じていた。
アンの父、トーマス・ブーリンは国王ヘンリー8世のお気に召し、フランス駐在大使の職を得た。
ついでに、1514年、娘達をフランス宮廷に留学させたのである。
その時、アン・ブーリンがいくつだったか、はっきりしない。1507年出生説をとれば7歳、1501年出生説をとれば13歳とになる。アンは、小中学校時代をあちらで過ごした、帰国子女だった。

帰国したアンは、人々からおフランス語を話して、おフランス ファッションで身を固めた「かっこい!COOL!」な女と見られた。何となく、日本バブル期みたいな、海外のブランドで身を飾った女たちがもてはやされた時代を思い出す。「日本人の海外コンプレックスと、英国のフランスへの劣等感には共通点がある」と指摘した研究家もいる。

 フランス語を話し、激しく自己主張をする女。私から見たら、「だから何だ」という感じだし、そうした価値観が長年英国を支えてきたキャサリン・オブ・アラゴンの政治力を否定するほどの価値があるのかどうか疑問だ。キャサリンは、その時点で若くなく、性的魅力もなかった。何より「男児を産まなかった」点がマイナスとなった。それが何だというのだろう。

裏を返せば、当時から現代の研究家まで、性別に関係なく、一貫して女は「若く、性的魅力があることが大事」「男の子を産むことが大事」という価値観が、漠然とあったのではなかろうか。アンは(美しくないし、政治的手腕もなかったが、)それら価値観を満たしていた。アンは若く、性的魅力があったから出世したのだ。アンがフランス留学をしようが、しまいが、もし若くなく、ヘンリー8世の気を引かなければ、出世しなかっただろう。それはアンの才能や、基本的価値とは無関係である。

「当たり前じゃん、男は若い女の方がいいに決まってるよ」と言われれば、その通りだ。
だったら、すなおに、「女は若くて子供を産む性的道具に過ぎない」という価値観を受け入れるのか?と問えば、アンを好むのは、こうした旧体制の価値観を否定した「独立した今時の」女性達なのだという。

アンという女性は、フランス留学をして人々の尊敬をえて、「女は若くて子供を産む性的道具に過ぎない」という価値観を満たしたために王妃の座をえて、同じ価値観のために(男の子を産まなかったため)没落した。

私が言いたいのは、 女性の独立や権利を主張する人々が、あっさり旧来の伝統的価値観を受け入れてしまっている事実である。私はそれに対して白黒つけるつもりはないが、そのダブルスタンダードぶりに、思わず苦笑してしまうのである。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。