So-net無料ブログ作成

アン・ブーリンとヘンリー8世、そのダブルスタンダード

 今も昔も私は英国史に対して疑問に思う点がある。

 ヘンリー8世の第1王妃キャサリン・オブ・アラゴンは政治才覚もあり、夫のヘンリー8世が国を離れた間摂政として英国を統治し、1513年9月侵略してきたスコットランドを撃退した。時のスコットランド王ジェームス4世は、キャサリン・オブ・アラゴンやヘンリー8世の妹(マーガレット・チューダー)の夫だったが、戦死した。そんな武勲をあげた王妃であっても「男の子を産まない」という理由で王妃の座を奪われてしまった。男の子は生まれたが早死にしてしまい、結果として娘1人しか育たなかった。

そしてアン・ブーリンという新しい女性が王妃に迎えられた。
当時は大反対され、アンに批判が集まったが、現在ではなぜかアンの方を好む人々がいる


そこには「妻は当然男子を産むべき」「男子こそ跡継ぎ」という発想が、16世紀の価値観として今もまだ理解し、共感されているということだろうか。キャサリンは当時40才だったが、一方アンは20代の若さだった。

あまり美人ではなかったようだ。

後のハノーバー王朝の愛人たちが不美人で知られていたように、英国王の愛人が不美人であることは何ら不自然ではない。アン・ブーリンは留学先のフランスでは、お利口さんだと認められても、魅力の無い人だったと記録に残っている。問題なのは、未だに「男は若い女が好き」「子供を産めない女はダメ」という価値観が歴史解釈でさえまかり通っている現実だろう。それはダブルスタンダード(裏表)と言えはしないだろうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。